土浦市のインドカレー・インド料理・宅配(デリバリー)・テイクアウト:インドキッチン ドラゴンカレー:つくば市:牛久市:石岡市:阿見町

インドキッチンドラゴンカレー

カレーについて


・ カレーについての豆知識

カレー(英:Curry カリー)は、複数の香辛料を使って野菜や肉などを味付けした料理のひとつ。
もともとインドおよび周辺アジア諸国で作られていた料理だが、20世紀以降は国際的に人気のある料理のひとつとなっている。
日本では、明治時代にイギリス経由で伝わり独自の進化をとげたカレーライスが国民食と呼ばれるほどの人気を獲得しており、カレーといえばカレーライスを指す場合が多い。


【インドのカレー】

イス(マサラ)を挽くインド人
カレー(手前)とナーンインド料理はスパイスを多用することが特徴であり、外国人の目から見るとその多くが「カレー」のように見える。しかしインド料理にはそれぞれ固有の名称があり、○○カレーといった呼び方はしない。ただし、旧宗主国の英国人がそう呼んで世界に伝わったことから、インドの観光客向けのレストランではメニューに「カレー」を使用していることが多い。

インド固有の言語には「カレー」という言葉はない。ただしタミル語(そしてカンナダ語)に野菜・肉・食事・おかずなどを意味する「カリ」という言葉があり、それが英語の「curry(カレー)」になったと言われている。

インドにとって「カレー」という言葉は外来語である。

主食は地域によって異なり、インド北部では小麦粉を使ったナン・チャパーティー・ドーサなどのパン類、南部では米である。一口に米と言っても、地域によって米の種類や炊き方が異なる。

カレーについての豆知識

・ ドラゴンカレー人気ランキング

ドラゴンカレー人気ランキング

☆女性に人気のカレー BEST 3☆

1位 バターチキン
2位 チキンチェティナール
3位 サグチキン


☆男性に人気のカレー BEST 3☆

1位 ドラゴンカレー
2位 チキンマサラ
3位 ビーフマサラ


・ スパイスについて

スパイスについて

ドラゴンカレーで使われているスパイスの一部を紹介します。

【シナモン】
シナモンは清涼感のある独特な芳香が特徴のスパイスです。
シナモンはクスノキ科の常緑樹です。
スリランカ、インド、中南米、中国、東南アジアなどで栽培されています。

スパイスとして使用されるのは樹皮の部分です。
この樹皮をはいで乾燥させたものを使用します。
発汗、解熱、鎮痛、健胃、抗菌の効果があると言われています。


【オニオン】
オニオンは通常、野菜として扱われていますが、
芳香性スパイスとしても利用されます。
刺激臭と辛味が特徴です。
加熱することで甘味が出ます。

カレーやシチューでは、みじん切りにして弱火で長時間かけて炒めたものを
加えることで、甘味とうまみが引き立ちます。
肉料理や魚料理では生臭さを押さえる効果があります。

薬用としては血栓を予防し、コレステロール値を下げ、
血液をサラサラにするなどの効果があると言われています。


【サフラン】
サフランは独特な芳香と鮮やかな黄色の着色性が特徴です。

インド料理では米をサフランとともに炊いたサフランライスが代表的です。

薬用としては鎮静、鎮痛、通経などの効果があると言われています。


・ ドラゴンカレーについて

ドラゴンカレーについて

店長が、考えに考えた末出来た本格インドカレーです。グローブ、グリーンガーレム、シナモンを実に使用しているスパイスは20種類以上!そのスパイシーな香りと刺激がやみつきになります。具はチキン、じゃがいも、にんじん、大根で、健康面にも気を使ったカレーです。当店の人気メニューです。



土浦市のインドカレー・インド料理・宅配・テイクアウト:インドキッチン ドラゴンカレー

〒 300-0037茨城県土浦市桜町1-3-16

TEL 029-821-7617 FAX 029-821-7617